トップ コーチ OLE!の気持ち マップ おすすめ番組 学年別 トレーニング LINK 名前の由来 サッカーDIARY
学年別 トレーニング
【幼児】 動くものへの反応、サッカーを通じてスポーツに興味を持たせる

【1・2年】 とにかくボールと触れ合うことでサッカーに必要なリズム・楽しさを知る

【3・4年】 個人能力(スキル・判断力)を伸ばす。自身のプレーの幅を広げる(選択肢を増やせる選手)

【5・6年】 先を見つめたトレーニング。精神面の強化(生きたボールを渡せる選手)

幼児練習内容

■W-UP

【コーンを使ったステップワーク】
(10分)

・ボールを身体の色々なところで止める。
(手を使わずに止めることができるか?)
(笛の合図で、ボールを止めることができるか?)
(友達の声を聞き取れるか?)




■個人トレーニング

【コーンを使ったドリブル練習】
(15分)
・ジグザグドリブル
(インサイドで上手に触れるか?)
(コントロールできるか?)

・転がってきたボールを足で止めてシュート
(自分のペース以外のボールコントロール)
( 足の裏を使えるか)

■全体トレーニング


【ボールあてゲーム】
(15分)
限られたスペースの中でお友達ぶつからずに動くことができるか

★ルール★
1:子供たちを4つのコーンで囲い出れない状態を作る
2:外からコーチがボールを転がすので当らない様に逃げる。
※この時意識すること
3つ見ること
(ボールを見る・でない様にラインを見る・お友達とぶつからないようにお友達を見る)


■試合
(20分)

【練習したことができるか?】
・転がってきたボールを止める事ができるか?
・ドリブルは?
・周りは見えているか?

1〜2年生練習内容

■W-UP

【ステップワーク】
(10〜15分)

・コーンを利用しジグザグに走ったり、片足ジャンプなど、子供たちの神経系を発達させるトレーニング
・子供たちにリズム感を持たせる。
・サッカーに必要なリズム。
・リズムに合わせてステップを踏んだり、リズムを意識することでドリブルやボールタッチが非常に柔らかくなる。


■トレーニング

【ボールを使った個人技術】
(30〜40分)
ex)動きの中でボールを受けて、トラップ、シュートが正確にできるか。
ex)正確にお友達にパスをするためには、どうするか。
ex)Look Up ! (どれだけ周りを見ながらプレーできるか)

・ボールを味方から受ける。
・ボールを味方に出す。
・ボールを持っていない時に何をするか。


【ボールキープ】
(15〜20分)
ex)ボール出しゲーム。(子供たちの周りを四角に囲む)

★ルール★
1:子供たちは四角の中から出てはいけない
2:子供たちは、自分のボールをキープ(相手に取られないように)しながら相手のボールを外へ出す
(ここでは主に対人プレー。狭い所での体の使い方を練習)

ex)相手にお尻を向けて、遠い方の足でボールをキープ。
ex)ボールをキープしながら、空いているスペースを見つけられるか。
ex)相手にボールを取られないようにする為の手の使い方。


■試合

【練習したことができるか?】
・ここでの試合は、練習したことを試せるか(チャレンジ)できるかを重要視しています。
・後は、とにかくドリブルをさせます。
・転がってきたボールを自分で止めて、自分でドリブルする。
・時に、試合ですので得点にこだわることも行います。
・少しずつですが、考えながらサッカーをする能力をつけていくようにしてます。
【携帯】 090-5798-8444    メール